夏の毛穴ケア

夏は特に毛穴ケアに要注意の理由とは?

夏の毛穴ケア

毛穴ケアは年齢を問わずスキンケアの基本ともいえるものです。しかし夏場はとくにその重要性が高まります。そこで夏に注意しておきたい毛穴ケアのポイントを見てみましょう。

 

まず皮脂の分泌量が増えること。夏場は汗と皮脂の分泌量が他の季節に比べて比較にならないくらい多くなります。その分毛穴が詰まりやすくなるわけです。日々の洗顔でしっかりと除去していくことが大事なのですが、分泌量が多い場合には洗顔だけでは除去しきれない場合もあります。その際には毛穴パックを使用したり、脂取り紙などでの対策も求められます。ただし、毛穴パックは毛穴を開かせてしまいますし、脂脂取り紙を何度も使用すると摩擦で肌に余計な刺激を与えてしまいます。そのためあまり神経質にやりすぎないこと、毛穴を開いた後はしっかりと引き締めるといった対策方法も併せて行う必要があります。

 

それから紫外線対策。夏場は1年間でもっとも紫外線の量が多い季節。紫外線を浴びると活性酸素の活動が活発になって肌が老化してしまうほか、セラミドなどの保水性分が破壊されて乾燥しやすくなります。その結果肌の潤いと弾力が失われ、毛穴の柔軟性も失って詰まりやすい状態になってしまいます。洗顔をしても毛穴汚れや皮脂がうまく落ちなくなってしまいますから、スキンケア製品による保湿対策も欠かせないポイントです。皮脂の分泌量が多くなるため、乾燥よりも脂っぽい肌の対策が重要なイメージもありますが、紫外線による乾燥対策も欠かせないのです。日焼け止めやUVカット効果を持つスキンケア製品の使用ももろちん忘れてはなりません。

 

あとは洗顔方法。紫外線のダメージで敏感になった肌に刺激の強い洗浄成分が配合された洗顔料を使用したり、毛穴汚れを落とそうとゴシゴシと強く擦ってしまうと逆効果、乾燥や吹き出物の原因となってしまいます。泡立ちがよく、肌に負担をかけずに毛穴の奥の汚れ・皮脂をしっかり落とせる洗顔料で肌の健康状態を維持できるよう心がけましょう。

たるみ毛穴に使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング