イチゴ鼻のケア

イチゴ鼻の効果的なケア方法は?

イチゴ鼻の効果的なケア方法

小鼻は皮脂の分泌量が多いため肌トラブルが起こりやすい部分ですが、そんなトラブルの中でも特に厄介なのがイチゴ鼻です。思春期に起こりやすいトラブルとしてよく知られていますが、大人にとっても決して無縁なものではありません。ではこのイチゴ鼻を予防・解消するために効果的なケア方法とはどのようなものなのでしょうか。

 

最大の原因は毛穴の詰まり。思春期によく見られるのは皮脂の分泌が活発なため、毛穴を詰まらせてしまうからです。この皮脂が古くなった角質とともに酸化すると黒くて硬い角栓になってしまいます。ですから洗顔でしっかりと汚れを落とすこと、そして皮脂の分泌量をできるだけ抑えることが大事です。大人の場合にはストレスや健康状態の悪化によるホルモンバランスの乱れを改善すること、ビタミンCやビタミンB2などで皮脂の分泌量をできるだけ抑える方法がオススメです。

 

それから毛穴を詰まらせた皮脂や角栓の除去。思春期の場合は成長ホルモンの活動の影響で皮脂の分泌量を抑えるのがなかなか難しいもの。そのためその皮脂が毛穴を詰まらせないよう、しっかりと除去していく必要があります。そのためには洗顔にプラスした毛穴ケアが求められます。オススメは洗顔前の蒸しタオルの使用。蒸しタオルを数分間ほど鼻に当てることで毛穴を開き、洗顔の際に皮脂や角栓を落としやすくなります。蒸気を直接当てる方法や毛穴パックなどもうまく活用するとよいでしょう。

 

洗顔の際には石鹸・洗顔料をよく泡立てたうえで洗うこと。毛穴の奥に詰まった皮脂を除去するためには泡の吸着力で表面までかきだす必要があります。毛穴の奥まで泡が入り込むよう、しっかり泡立てること、そしてできるだけ粒子の細かい洗顔料を使用しましょう。

 

皮脂や角栓を除去したら次は毛穴の引き締めです。とくに毛穴パックや蒸しタオルを使用した後の毛穴は開いてしまっている状況です。これを引き締めないと雑菌が入り込みやすくなるほか、また汚れが詰まってしまいます。化粧水による引き締めが理想ですが、冷たい水を浴びせて引き締めるのも効果的。スキンケア製品にあまりお金がかけられない思春期はこの方法がオススメです。

たるみ毛穴に使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング