誤った毛穴ケア

誤った毛穴ケアしていませんか?

誤った毛穴ケア

毛穴の悩みの中でももっとも多いのが開いてしまうこと。毛穴が開くと目立ってしまい、皮膚表面の透明感と艶が失われ、ざらついて見えてしまいます。そのため毛穴ケアではできるだけ毛穴を引き締める対策がポイントとなってくるわけですが、間違った方法でその対策を行ってしまっている人も見受けられます。

 

一番気をつけたいのは冷たい水を使用して引き締める方法。確かに冷たい水を当てると毛穴だけでなく肌全体が引き締まります。しかしあくまでそれは一時的な効果に過ぎません。毛穴パックなどで毛穴が開いてしまった時に引き締める方法としては適しているものの、すでに普通の状態で毛穴が開いてしまっている場合には効果が得られないのです。むしろ安易に冷水による刺激を与え続けると肌の温度調節機能が損なわれてしまい、ちょっとした基本の変化などですぐに赤ら顔になってしまう恐れがあります。冷水を毛穴ケアに用いる場合には自分の毛穴の状態に合っているかどうかをよく確認したうえで活用しましょう。皮脂や角質の詰まりで開いてしまっていた場合には有効ですが、年齢による衰えで開いた場合には逆効果の恐れがあるので避けるべきでしょう。

 

それから脂性肌の人に良く見られるのが強引に角栓を除去する方法。皮脂の分泌量が多く、ターンオーバーが乱れている場合、毛穴に詰まった皮脂と角質が酸化して硬い角栓になります。これが毛穴を押し広げてしまううえ、ニキビの原因となるアクネ菌のエサとなって増殖させてしまいます。そのため毛穴ケアでは皮脂・角栓対策が重要になってくるわけですが、毛穴から角栓がポツリと飛び出している場合、どうしても爪やピンセットなどで押し出してしまいたくなるもの。確かに角栓を除去する点では即効性が高い方法なのですが、その際に毛穴を傷つけてしまう恐れがあります。最悪の場合毛穴が破れてしまうこともあります。角栓対策は毎日の洗顔とスキンケアで行っていくようにしましょう。

 

こうしてみると一見即効性が高いように思える毛穴ケアほど危険が潜んでいることがわかります。毛穴のトラブルは加齢による衰えや生活環境や健康状態による肌の悪化が原因となっていることが多いため、それらを解消できる方法を日々の生活の中でじっくりと起こっていくことが大事です。

たるみ毛穴に使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング